2014年07月31日

襟裳へは

皆様、こんばんは。

北海道と言えば、魚介類だけじゃなしにこんな果物もございます。



地元スーパーのカットメロンでございましたが、あまりの美味さに
留守宅にクール便で送っておきました。



釧路と帯広の間のカムイミンタラから襟裳まではそんなに距離も無く
寄り道しながらで狐のションベンのような滝にも寄りましたがカメラを
向けることもなく凹



有馬程の鉄錆の濃さでは無く、ヨードチンキを薄めたような温泉で
今まで入った事の無い泉質の「温泉」で他の入浴客も無く遊び放題、
撮り放題で太平洋の見晴らしも最高でございました。



休憩室で久しぶりの新聞を読みましたが机の上にあったこのチラシが
気になって、気になって半時間、時間潰しして注文してみました♪



ぜいろくは天丼も鮭もチーズも大好きですが折角、時間潰しまでしてチグハグな
お味のBどころかD級丼でございました凹



ぜいろくが学生時代にナウマン象の化石が道路工事中に発見された現地にも
「ナウマン国道」とあるので気になって寄りましたが〜〜



襟裳岬までの国道は「黄金道路」と呼ばれて黄金を敷き詰める程の相当の難工事
だったようでございます。



襟裳岬の突端ですが、現場に行くとガスってるてのが北海道西端納沙布と此処で
ございました。



この日の道中は不作だったようで、こんな日もございます!



午後早くに、百人浜オートキャンプ場に落ち着きました。
posted by ぜいろく at 22:05| Comment(6) | キャンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月30日

尾岱沼から

皆様、こんばんは。

少しレポをサボりましたが北海道はまだ続きます(笑)

7月にストーブを点けたのは例のPODをブログネタにした時
以来でレインボウを燈すと湯が沸く位で相当暖かいと言うより
暑くなります!



尾岱沼ふれあいキャンプ場のバンガローでほぼ6畳のログハウスで
電源、照明付きでございました。



この日のお昼はウトロ漁協婦人部直営食堂に行きましたがお目当ての
「ウニ」が品切れで「親子丼」でございました凹



外観の写真を写して、引き戸に何か書いてあるなと知らずに入って
中でメニューを確認して初めて分かったぜいろくでした。



カムイワッカ湯の滝への観光船では胸に旅行会社のピンバッチを付けた
方達で一杯のデッキ上で右往左往でございました。



日本で一番早く陽が昇る岬の灯台に立ち寄りましたが相当な霧で歯舞はおろか
直ぐ前の海も見えませんでした。



さて、この夜はカムイミンタラ(神々が集う)と言う小学校の廃校跡を利用した
キャンプ場で当時の教室や校長先生の住居を修復して作られて、校庭は元々牧草地で
各サイトを上手く刈り上げて作っています。



着いた時は奥様にチェックインしてもらいましたが、夕食が済んでからご主人が
サイトまでいらっしゃって、一杯やりながらとりとめのないお話を(笑)

関東の出身で北海道や車が好きでと〜
再会を約束しておきました♪
posted by ぜいろく at 21:03| Comment(2) | キャンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月28日

夏は海でしょ

皆様、こんばんは。

『ご近所さん』のページじゃございません(笑)



今日は少しマシでしたが、夏本番でございます!

さて、昨日、一昨日とユタ坊と夏休みの海合宿に行ってきました♪



おっさん、おばはんばかりでしたがお目当ての「こなっちゃん」と
仲良くクルーズして夏満開でございました(笑)



ドボンしてる画像ばかりではなんですので、ヘッピリ腰のスタンディング
画像もぜいろくの名誉の為に入れておきます♪(後頭部は見ないように凹)



さあ、夏休みも始まったばかり皆様も楽しみましょう!
posted by ぜいろく at 20:36| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月24日

買っちゃった

皆様、こんばんは。

今日は北海道で  鹿  虫の体当たりの痕が一杯の愛車を
午前中に綺麗にして、北海道中を持って回ったバッテリーの
交換を頑張りました!

今年初めての猛暑日の中、池に飛び込んだようにびしょ濡れで
ございました。

さて、前回のミッションで都合プラス3.5キロ増えた体重ですが
今朝の測定でほぼ北海道遠征時の標準体重に戻りました♪

が〜〜午前中のMR―Sの洗車ワックス掛けで−1キロで、これは
ダイエットが過ぎると、お肉を買いに駅前のスーパーまで行き
ましたら夏物のバーゲンセールの隙間にミニディレクターチェアが
半額で(笑)



キャンプ用椅子は売る程あるのに ま、コレクターでございます(汗)
posted by ぜいろく at 20:31| Comment(2) | キャンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月22日

沖島に行ってみた

皆様、こんばんは。

梅雨もやっと明け、「梅雨明け10日」と言われる期間で
晴天が続くようでございますが〜〜

暑くてかないませんね!

先週末はユタ坊と近場でゆっくりしましたがユタ坊がカヌーの
お稽古をしてる間を縫ってぜいろくだけ今まで行った事の無い
島にクルージングでお邪魔してきました。



地中海のクルーズ船とは色以外まるで違いますが地元のガイドさんも
付いて漁村なのに「潮」の匂いがまるでしない鼻をつまんでいれば
瀬戸内の漁港と変わらない風景が広がります。



通船ならば10分程で着いてしまいますが、これだけクルーズして
くれました(笑)



比叡山の回峰行の開祖とされる相応和尚の創建の寺院で、伊崎不動の名で
知られる伊崎寺でございます。



毎年8月1日におこなわれる棹飛びの行事も有名で、琵琶湖に突き出した棹の
先端から褌姿の行者が7m下の湖面に飛び込む。かつての天台修験の修行の
一つであった捨身の名残りと考えられるそうです。



周囲約6.8q、面積約1.53平方kmで琵琶湖最大の島で人口約350人で湖沼の島
に人が住むのは世界的にも少なく、学術的にも注目されてるそうですが漁場にも
近く漁師さんには都合が良いのでしょう。



島内で約1時間散歩して、帰りも結構遠回りのクルージングでございました(笑)



お土産は上陸証明書と島のお母さん謹製の一口コロッケでした。
posted by ぜいろく at 21:34| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月20日

海パンはいてるよ!

皆様、こんばんは。

しばらくご無沙汰でしたが、皆様お変わりございませんか?



ユタ坊と夏休み最初のミッションでございます。

ダイエッターには最悪の二日連続バイキングで一日目のレストラン
入店前後でプラス2キロ!
本日はとどめでプラス1.5キロで都合プラス3.5キロございます凹

明日からロクママ共々ダイエットに励みます。
posted by ぜいろく at 21:25| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月17日

内陸部も良かった

皆様、こんばんは。

礼文島から、道内に戻り最北端の岬を過ぎて南東に下ると
ホタテ貝殻の大きな山がいくつもございます!

貝殻ボタンになるような綺麗なものでもないし薄く弱いですし
何か出来れば良いのですが、焼成カルシウムとかあるようですが
これと言った決定的なものが無いようですね。



さて、海岸線を見ながら走るのも少し飽きてきたので一度入って
みたかった内陸部に少しお邪魔しました(笑)

先ずは旧国鉄天北線の大正3年から平成4年まで74年間存在した
路線で当時の駅で「敏音知」と書いて「ピンネシリ」と読む
停車場にある、道の駅併設のオートキャンプ場で一泊しましたが
余りに広いキャンプ場にたった一人で少し心細かったです。



翌日 たった、2時間で着いてしまった通称「朱鞠内湖」で本名
「雨竜第一貯水池」と言う日本一を誇る人造湖でタカネナデシコの
花弁に例えられていますがその花弁はどんなだか知りません(笑)

ロケーションは最高で回りに人の気配が少しあり食糧さえ調達する
所があれば、『ご近所さん』

>朱鞠内!ここは幽霊でる噂の絶えないキャンプ場です、沢山の霊が
さまよってるとか?このキャンプ場だけは怖いので泊まった事ないです。<

を連泊して確かめてみてもよかったかも(笑)



旭川駅の駐車場に車を預けて少し散策し街の雰囲気も少しつかめましたが
今回はキャンプです♪

少し郊外の道立公園で無料のキャンプ場で温泉も無料でございました。



早朝の出発時に今回唯一の降られた雨に追い立てられて北見、網走と走り
知床観光船で「カムイワッカ湯の滝」を満員のバスツアー客と一緒に
見学してきました。



峠越えをして熱さと入り方の作法の指導で有名な温泉に入湯してみました。



ぜいろくの親父と父方の婆様はとび切り熱い風呂が好きで相当鍛えられたので
熱いですが何とかやせ我慢してきました(汗)



少し内陸部を端折ってこの日は「尾岱沼オートキャンプ場」でバンガロー泊で
ございました。
posted by ぜいろく at 18:45| Comment(2) | キャンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月16日

安眠は

皆様、こんばんは。

礼文島から、稚内に帰るフェリーはカモメさんがずっと見送ってくれます♪

佐渡島へのフェリーは皆様エビセンで餌付けしていましたがこちらは
何も貰えないのについてきます。



稚内に預けた心配だった我が愛車を点検して異常の無いのを確認して
旅を続けられると喜びましたが3日間3千円でございました。

無料もありましたがフェリー乗り場に一番近く有料の方が少しでも安心です。



さて、寝なれたコットとマットとシュラフですが2日、3日と続くと何か
しっくりきません、枕が変わると寝られないと言う人も居るそうですが
ぜいろくは別に気にはならなかったのですが持って行った右の小さい方は
直ぐにずれて枕の役目を果たしません凹



北海道の大手スーパーはキャンプ用品も充実して関西の下手なスポーツ店
より品揃えは豊富でお安くそろいます♪

仕舞寸法が殆ど一緒で使用時には倍以上の滑らない良い枕を導入しました。



導入後のキャンプはぐっすり安眠でございました。
posted by ぜいろく at 21:03| Comment(2) | キャンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月15日

礼文では

皆様、こんばんは。

礼文島に着いたのはお昼で、観光案内所のお姉さんに今夜の宿を手配
してもらい、夕方までの半日で礼文島を駆け足で先ずは桃岩に「カマトン
号」で上がりましたが、チャリでは広すぎでお天気も〜〜



急変します凹

香深までのダウンヒルですれ違ったスクーターにピンときて(笑)



レンタルバイクを調達♪



5時までの3時間で北の果てのスコトン岬と!



南の端の麗端小学校岬分校を駆け足で巡り、



我社の社員でこの島出身の同僚から聞いていた、欲しけりゃあげると
言っていた物件はこの辺りかと(笑)

田舎物件見学会でございました!



新興宗教しかこの方達からは思い浮かびませんがネタにしようかと
少し営業の方とお話しましたが向うも分かるようで(笑)

早々に「他所探します!」とお別れいたしました。



ロードムービーのように続きますが少し飛ばして次は知床でございます。
posted by ぜいろく at 21:16| Comment(4) | キャンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月14日

利尻では

皆様、こんばんは。

利尻島に着いたのは18時10分で観光案内所で紹介してもらった
宿で一息ついて食事して、温泉施設まで送ってもらって宿まで帰ると
バタンキューで翌朝の散歩は宿の真ん前にあるペシ岬でございました。



100mあるかないかの岩山ですが絶景です♪

利尻富士も少し霞んで高速道路のように見えるのは自転車専用道です。
鷺泊から沓形までの21キロ程でぜいろくは沓形港までの17.5キロを
踏破しました(笑)



鷺泊の町は歩いても直ぐに通り過ぎる位の町ですがこちらも良い♪



さて、11時25分発の礼文行の船に間に合うように自転車専用道を
急ぎますがず〜〜っと向かい風で漕いでも漕いでも気ばかり焦り凹

ふと、路面をみるとゴミが仰山ございます!



何のゴミかとよくよく確かめるとウニの殻でした。



カモメかカラス?かの仕業でしょうが上から落として殻を割って
美味しい処だけを啄んだ痕でございました。



利尻は泊まっただけで少し自転車を漕いでお終いでした!
ペシ岬からの絶景だけで利尻富士は次回の目標でございます。
posted by ぜいろく at 21:28| Comment(4) | キャンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月13日

我が国最北で

皆様、こんばんは。

留萌の手前の増毛で朝の散歩に出たところで、当日のページは
『利尻島に』でございます。
広いキャンプ場に一人のはずが真ん前に荷物満載のハーレが
日暮前に到着されたようですが、一言二言話しただけでどちら
からとも無く波長が合わないのを察したようで、翌朝出発時に
「お先に!」とやるまで一言もございませんでしたが〜
利尻行きのフェリー乗り場で再会し、ぜいろくから「行かはんの?」
でお終いでした(笑)



さて、北海道は直線道路が多い!この日はオロロンラインを北進ですが
基本直線道路でございます。



6速2000回転がず〜〜っと続きます!

3時頃薄明るくなり、4時にゴソゴソと起き出し7時には出発が今回の
パターンですが、眠くて、眠くてかないません凹



燃費は良くタイヤの編摩耗は無く移動時間は最短で良いのでしょうが
まるっきり面白さはございません。



有名な稚内防波堤ドームにも昼前に到着して散策しましたが、人っ子一人
居らず〜〜



バスツアーのバスが必ず立ち寄る「氷雪の門」でございますが、こちらは
ソコソコのツアー客で賑わっていました。



MR-Sの新ナビに我が国最北端の軌跡も残してず〜〜っと吹いてる強風で
張ろうと思っていたベースキャンプも諦めてフェリー乗り場の駐車場に
車を預けて輪行袋に入ってれば無料のチャリを携えて利尻島へ向かいました。



もう1日余裕があれば利尻富士も海抜0から挑戦したかったのですが
次回の目標でございます。
posted by ぜいろく at 20:23| Comment(2) | キャンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月12日

キャンプの食事は

皆様、こんばんは。

今日はヴェゼルのリコールをさっさと済ませてお家モードでした。

髪は増えませんが、増毛でキャンプして明治15年創業の日本最北の
造り酒屋の前でございますが、時間が早過ぎで〜凹



さて、今回のキャンプの夕食と朝食でございますが今回、フライパンを
出したのは一回だけ(笑)



電子レンジまでは無いのでレバニラを温めなおしただけでレインボウが
あったので湯には不自由しませんでした♪



コンビニにも割引シールがあるようになって久しいですが、なるたけ毎日
違うものを食べるように考えました(笑)

栄養バランスはバッチリだったようで2週間の渡道で体重は±0でした♪
posted by ぜいろく at 23:11| Comment(2) | キャンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月11日

ブルーは

皆様、こんばんは。

小樽の手前の積丹半島の神威岬で、当日のページは『虹の輪っかを』でございます。



前日の「湯とぴあ臼別温泉」も清掃協力金100円以上とありましたが
草刈や補修等人手もお金もかかるのでしっかり協力を!



赤丸が神威岬灯台で手前に女人禁制の門があり、その昔は険しいアップ
ダウンや海に浸かったりしなければ到達できない場所だったようです。



北海道に現存する灯台では5番目に古い灯台で前に神威岩と言う蝋燭の
様な岩があり帰りの陸に向かっての画像でございます。



少し寒く、上着を着て行きましたが風も穏やかで「我は晴れ男」と
積丹ブルーはこんなものかと見物し、宿営地は増毛リバーサイドパーク
オートキャンプ場でしたが翌日からの道北ではズーーッと吹いてる風を
堪能し晴れ男のヘアースタイルも形無しでございました。
posted by ぜいろく at 21:04| Comment(4) | キャンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月10日

湯とぴあ臼別温泉

皆様、こんばんは。

今回の北海道キャンプで4日目にして初めてのテント設営は
「いわないリゾートパークオートキャンプ場マリンビュー」と
長い名前のキャンプ場で、当日のページは『昨夜は』
ございます。
スキー場の手前にあるキャンプ場で風当たりの良さそうな立地ですが
当夜は無風で寒くレインボウも外から見ると輪っかは見えません。



さて、「湯とぴあ臼別温泉」はせたな町が管理する施設で無料温泉です。
清掃協力金100円が必要ですが源泉掛け流しで男女別の内湯、露天風呂、
とカエルの小便のような打たせ湯がございます。



良い湯でユックリですが、人っ子一人居らず多分遭遇はしないでしょうが
「羆」が怖く余り長くの入湯では無かったですがセルフで(笑)



誰も居ないのをよいことに女湯にも入ったのは内緒です♪



我が愛車は「アマガエル」と良く似ていますが良く走ってくれました。
posted by ぜいろく at 18:29| Comment(4) | キャンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月08日

経費は

皆様、こんばんは。

北海道へMR-Sでキャンツーに15日間行ってきましたがさて
経費は?
4Mまでの車両と2等旅客運賃は往復割引(復路1割引き)で
56490円と道内でのガソリン代33300円と初日と2日目のビジホ代
利尻、礼文の旅館2泊とキャンプ、バンガロー代すべて込みで
12500円/日×15日=187500円でございました。

お高いか、お安いか皆様如何なものでしょうか?

燃費もこんな嵩張る重いものを持って行ったので少し悪かったです。


                        (礼文島、桃岩駐車場)

用心して新バッテリーを購入したのですが貧乏性で換えずに保険で
持って行ったのも燃費に良くなかったかと(笑)



半月間、遊び呆けて、バリューフォアだと思います♪
posted by ぜいろく at 22:43| Comment(4) | キャンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月06日

20時間は

皆様、こんばんは。

北海道へは新日本海フェリーで敦賀と苫小牧東の間を往復しました。
速い船で片道948.2kmを20時間ですから平均で時速47.5キロです!



GPSでログを取りましたが航路図と同じで別にでございましたが
連続20時間も稼働させると余り良くないようで岩内の手前で勝手に
切れて記録がございません(汗)

朱鞠内湖から旭川の21世紀の間は電源入れ忘れでございました。

少し右上の外周が痩せていますがほぼ地図通りのログです。



この時期に北海道を旅してるのはリタイヤして10年位までの
ご夫婦がバスツアー参加かキャンピングカーかワンボックスで
ってのが多く団塊の世代で溢れていました。



「7」か「+4」か「+8」がS30の後継のつもりで、上の娘が
出来て夢と消えましたが京都ナンバーの良い状態の+4で地球岬を
観光されていたのも少し上級生のカッコ良いご夫婦でございました。
posted by ぜいろく at 20:39| Comment(8) | キャンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月05日

無事帰りました

皆様、こんにちは。

昨夜,北海道から帰りました。



一度内陸に入りましたがほぼ外周を時計回りに回ってみました、
行く前は欲張ってフェリーで行ける離島も全部と思っていましたが
北海道は広過ぎでございました(笑)

何とか、事故も無く制服制帽のお方のお世話にもならず帰宅できました
野付半島のキャンプ場で酔った勢いで『ご近所さん』から今日(7/5)の
キャンプ参集をOKしていましたが〜
翌朝、良く考えたら金曜何処かで一人で泊まって、日曜中には帰れますが
月曜仕事ですし、お断りメールを凹



未だ道具や車の整理清掃もできず、画像もPCに収めただけで整理も
出来ていませんので、追々(笑)
posted by ぜいろく at 11:14| Comment(12) | キャンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月03日

名残惜しく

皆様、こんばんは。

今夜苫小牧発のフェリーで帰ります、襟裳岬百人浜オート
キャンプ場を8時に出発すると苫小牧に昼に着いて〜



支笏湖までドライブでした、晴れてるのに霧でスッキリしません。



毎日のクセでこのこのキャンプ場にチェックインしようとしたのは
内緒です(笑)

買い物してから、フェリー乗り場に向かいます。
posted by ぜいろく at 18:57| Comment(4) | キャンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月02日

今回最後の

皆様、こんばんは。

今夜は北海道13泊目で今回キャンツー最後で襟裳岬百人浜
オートキャンプ場でございます。



カムイミンタラキャンプ場出発時のご主人にシャッターを
お願いした画像でございます。  



襟裳岬まで温泉入ったりB級丼を食したり、寄り道放題で、
着いたキャンプ場は、電源付きでDVD 三昧(笑)



昨日は音信不通で参りましたが、本日はアップロードミスで
でかい元画像を送ってしまい容量オーバーの通信制限で
アップアップしています凹
posted by ぜいろく at 19:29| Comment(4) | キャンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月01日

今夜は

皆様、こんにちは。

北海道12泊目は釧路市音別町霧里(ムリ)のカムイミンタラキャンプ場で
ございます。



朝早くに前日のキャンプ場を出発して日本でいちばんはやくに
夜が明けるこの岬に行って〜



本日のキャンプ場に到着しました!



が〜  (-_-;)携帯全滅の山中で明朝までぜいろくは音信不通です。
posted by ぜいろく at 15:49| Comment(6) | キャンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする