2020年02月18日

桑樹匠は

皆様、こんばんは。

昨日は寒い一日でした、暖冬傾向でもう春やと思ってたのに凹

さて、昨日の続きですが東京の母の実家の裏には工房と木材倉庫と
お弟子さんの寮や長男の住まいとか色々あり、探検には事欠かない
場所でございました。

当時は気にもしませんでしたが凄い「材」が一杯だった気が(笑)

>島桑(島グワ)
とりわけ伊豆七島の御蔵島、三宅島の樹齢何百年といった「本場もの」
「島桑」は,その昔から斯界で珍重されてきた。
御蔵島産が最も光沢に富み,黒き胡麻班あるを特色とす「アク」多し
故に石灰にてアク出しをなせば色を呼び出し茶色となる 分類上は
ハチジョウグワ(八丈桑) Morus kagayamae Koidz. (伊豆半島南部、
伊豆諸島産)と呼んでいる樹種と思われる。<

そこでこの煙草入れの検証です。



目分量で「缶ピース」の50本が入るようですが買って来て
入れて煙にして二十五年前に戻るのも御免です(笑)

角度でまるで違うのですがスマホカメラでは〜










どう表現すれば良いか木材ではなく樹脂か瑪瑙を見るようで
角度でまるで違う表情でございます。

島桑に拘った祖父の職人魂と先見の明には♪






しらんけど!
posted by ぜいろく at 21:43| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは、バタバタなのに展示会で立ちんぼしてます。
もうすぐ終わり。

木とは思えないですねー、貴重な素材と加工技術
との合作、もう出来ないのかな?

間違って焚き付けに使ったらあきまへんで(笑)
Posted by ren at 2020年02月19日 18:13
renさん、こんばんは。
年度末は大変ですがまた相当にお忙しいようで〜

スマホでもそれなりに分かるでしょうか。
相当な頑固爺さんでした(笑)

爺さんの通夜の席が終わってからの「いとこ会」で
ぜいろくは酒を覚えてしまいました。
Posted by ぜいろく at 2020年02月19日 20:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: